ガラス交換をスムーズに終わらせるための秘訣
ロゴ

業者への依頼前に確認しよう~ガラス交換で大切なことをチェック~

最短15分で駆け付けてきてくれる

ガラスにトラブルが起きて、修理業者になんとかして欲しい!と思ったときには、「すぐに駆け付けてくれること」が重要です。最短何分で現場まで駆けつけてくれるかは、業者によって差が大きいポイントでもあります。中には「最短15分で駆けつけます」というところもありますから、検討してみてください。

依頼をしてから交換を行うまでの流れ

業者が現場に駆けつける

電話やインターネットで依頼をすると、まずは専門業者が現場へと駆けつけてくれます。地域や状況によっても時間に差はありますが、東京では「最短15分」という業者もあります。割れたガラスでケガをしないよう注意して、業者の到着を待ちましょう。

業者が現場を確認する

ガラス修理業者が現場に到着したら、どの程度の大きさの窓にどのような問題が起きているのか、トラブルの詳細情報をプロの目で確認します。トラブルを解決するためにもっとも良い方法を提示してくれるでしょう。全ての作業はここからスタートします。

見積もりを依頼する

ガラスを交換する場合、どのような種類のガラスにしたいのか、家族の希望を業者に伝えます。修理代金は、ガラスの料金によっても異なります。せっかくですから、高断熱複層ガラスや遮音ガラス、防犯ガラスなども検討してみてください。

作業日を確定する

業者が作成した見積もりで、ガラス交換に必要な費用を確認したら、作業をお願いするかどうか決めましょう。いくつかの業者を比較検討する場合には、他の会社でも見積もりをお願いしてください。契約業者を決めたら、作業日を確定します。

作業日にガラスを交換する

作業日を迎えたら、スタッフを招き入れて交換作業を行ってもらいます。緊急の場合は、見積もりと同日で作業を依頼することも可能です。窓の大きさや種類によっても異なりますが、作業によっては時間がかかることもあるので、余裕を持ってお願いしましょう。

ガラス交換をスムーズに終わらせるための秘訣

部屋

ガラスが割れたままだといろいろな意味で危険

ガラスを割れたままにしておくと、ケガをする場合もあり危険です。段ボールや新聞紙などでガードする方もいますが、あくまでも応急処置に過ぎないので注意してください。また、ガラスが割れたままになっていると、どことなくすさんだ雰囲気を周囲に与えてしまいます。犯罪を呼び寄せるきっかけにもなり得るので、後回しにせず、速やかに修理するのがオススメです。

賃貸住宅でガラスを割った際の対処法

賃貸住宅でガラスを割ってしまった場合には、まず大家や管理会社に連絡をする必要があります。その後の手続きを指示される可能性もありますから、まずは状況を知らせておきましょう。入居時に結んだ契約によっては、保険でガラストラブルに対応できる可能性もあります。この場合、修理代金は保険から支払われることになりますから、ぜひ確認してみてください。

住宅だけでなく車のフロントや窓にも対応している

ガラスが使われているのは、住宅の窓だけではありません。車のガラスも、日常生活を送る上で非常に重要な役割を果たしてくれています。車のガラスが割れたときも、修理専門店であれば対応できます。それぞれ別で連絡先を管理しなくても良いため、「ガラスのことで困ったらここに連絡する」と決めておくと良いでしょう。

ガラスが割れたら急いで業者に連絡しよう

ガラスが割れたまま放置していても、残念ながら何も良いことはありません。最初の連絡さえしてしまえば、後の流れは業者側がスムーズに進めてくれます。作業完了まで「想像以上に手軽だった」と語る方も、決して少なくありません。ガラス問題で困ったときには、まずは身の安全を確保し、後は業者に連絡するだけです。素早く行動して、できるだけ早く解決しましょう。

広告募集中